SiioLaboratory

Terminal.appからのコマンドでSiriを動かす方法

こちらもご覧ください。

http://is.ocha.ac.jp/~siio/?How2AppleScript

AppleScript (もしくはOSA, もしくはAppleEvent)

ターミナルからのコマンドでSiriが操作できれば、シェルスクリプトやプログラムの中からSiriを使えるようになります。 そうすれば、プログラムからスマート家電を制御する、ネットからの情報を音声で取得する、などが可能になります。

macOSのプログラムの一部は、 Open Script Architecture (OSA)をサポートしていて、 AppleEventに対応しています。 OSAは、アプリケーション間のコントロールを行うために機構で、AppleEventはその際に交換されるメッセージです。 また、アプリケーション間でAppleEventを送受信するスクリプト言語に、AppleScriptが使われてます。

AppleScriptの例

AppleScriptを使えば、対応したアプリケーションに、それを操作するメッセージが送れます。 例えばiMessageの椎尾のアカウントにメッセージを送るには、

tell application "Messages"
	send "Hello!" to participant "siio@mac.com"
end tell

というAppleScriptを用意します。macOSに標準値ついているスクリプトエディタ.app (英語名 Script Editor.app)を使うと、AppleScriptのテストが楽です。

シェルスクリプトファイルで、

#!/usr/bin/osascript

tell application "Messages"
	send "Hello!" to participant "siio@mac.com"
end tell

という内容を用意して、実行可能にしておけば、ターミナルからも実行できます。また、ターミナルのコマンドラインから、

osascript -e 'tell application "Messages" to send "Hello!" to participant "siio@mac.com"'

とすると同じことができます。 何かの状態をモニターするプログラムの中で、その状況をメッセージで知ろうとする場合に、役立つテクニックかと思います。 (例えば人気チケット販売サイトをモニターして、キャンセルが出たらメッセージで伝えるというような時)

これが可能なのは、Message.appアプリケーションがOSAに対応していて、sendというコマンドを提供してくれているからです。

「Siriに頼む」アプリケーション

なので、「Siriを起動してメッセージを送るアプリケーション」がOSAに対応していれば、ターミナルからAppleScriptを起動させることで、Siriを制御できるはずです。 macOSには「Siriに頼む」機能があります。これを担当しているアプリケーションが、/Applicationsの中にあるSiri.appです。

SiriApp.jpg

ターミナルからアプリケーションを起動するためには、open -aコマンドが使えます。Siri.appを起動するためには、

open -a Siri.app

とタイプします。 しかしながら残念なことに、Siri.appはOSA (AppleEvent) に全く対応していません。

System Events.appを使う

OSAに対応していないアプリを操作するチート技がSystem Eventを使う方法です。 キーボードやマウスのイベントをプログラムで作り出して、人が操作しているような状況を自動化します。 GUIを自動化しようとするときの伝統的な技法と言えます。

コマンドラインから起動して、最初の引数の文字列をSiri.appに送るスクリプトを以下に紹介しておきます。

#!/usr/bin/osascript 

on run argv
        tell application "Terminal"
                activate
                do script with command "open -a Siri"

                delay 0.4

                tell application "System Events"
                        keystroke (item 1 of argv)
                        key code 76
                end tell

                delay 0.1
                tell application "Siri" to quit
                delay 5
                close window 1
        end tell
end run

これで動くと思ったのですが、日本語が通りませんでした。「システム環境設定」「Siri」「言語」を英語に設定すると(英語で)以下のように動きます。

% ./siri.sh 'What time is it?'
% ./siri.sh 'Turn on the light.'

日本語だとkeystrokeがうまく動作しないようです。かな漢字変換が入るところなので当然かなと思います。 それで、コピペでコマンドを渡すバージョンを作りました。以下です。 pbcopyやpbpasteは、ペーストバッファに読み書きするコマンドで、コピーペーストに相当します。なのでこのコマンドを実行した後にペーストすると、コマンドの引数が残っています。

#!/bin/sh
#Shell and OSA script to send a message to Siri.
#Works in any language, though English is recommended.

if [ $# = 0 ]; then echo 'Usage:' $0 '"Message to Siri."'; exit 1; fi

#copy the input text to the paste buffer
echo $1 | pbcopy 
#open the Siri input window
open -a Siri #start Siri menu

#send command-v key combination (paste) to Siri and quit
osascript -e '
	tell application "Siri"
		delay 0.5 #required for Siri response
	
		tell application "System Events"
			keystroke "v" using {command down}
			key code 76 #return key
		end tell
	
		delay 0.5 #required for Siri response
		quit
	end tell
'

これを例えばsiri.shという名前で保存して実行可能にしておけば、

% ./siri.sh 今日の天気は?
% ./siri.sh あかりを消して      
% ./siri.sh あかりをつけて  
% ./siri.sh "今の時間は?"    
% ./siri.sh "pink floydをかけて"

などの操作がターミナルから可能になります。 Siriの応答速度に合わせてdelayを設定している微妙なプログラムですので、コンピュータ環境によって修正の必要があるとは思います。


添付ファイル: fileSiriApp.jpg 24件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-02 (火) 12:58:30