#author("2021-10-15T15:23:27+09:00","ocha","ocha")
#author("2021-10-15T15:25:33+09:00","ocha","ocha")
[[How2HomekitRaspi]]

** はじめに [#qb11023a]

HomebridgeはオープンソースのHomeKit用ブリッジです。HomeKitに対応していない機器をHomeKitで動作させるサーバーです。古いバージョンをこちら

[[How2HomekitRaspi]]

でも紹介しましたが、現在のバージョンを動かす方法をメモしておきます。

Homebridgeを動かすことで、HomeKitに対応していない機器のサポートが可能になり、さらにはプログラミングからHomeKitにアクセスすることが容易になります。

** Homebridgeが動く機器 [#pf5415d4]

Homebridgeのホームページはこちらです。

[[https://homebridge.io]]

ここにあるように、Raspberry Pi, 各種Linux, macOS, Windows, Docker (Linuxベースの簡易な仮想マシン環境?)でも動きます。
それぞれのインストール方法も書かれています。インストールは簡単です。

以下では、Raspberry Piでの一番簡単なインストール方法を説明します。

***インストール用SDカードを作る [#vaebc1df]

Homebridgeとプラグインなどを動かしてみると全体で400MBくらいのメモリを使用するようです。
Raspberry Piも525MB以上のメモリを搭載したモデルが良いと思います。
代位1世代のRaspberry Piは256MBだったので無理かもしれません。
今なら、Raspberry Pi 4かRaspberry Pi zero wが良いと思います。
以下ではzeroで試します。

まずは、Raspberry pi zero wとmicro SDカードを用意します。
次に、Raspberry Pi OSのページからSDカード用のインストーラプログラムPi Imagerをダウンロードします。
macOS用、Windows用、Linux用などあるので、適したものをダウンロードします。

https://www.raspberrypi.com/software/

このRaspberry Pi Imagerを動かします。

https://assets.raspberrypi.com/static/md-bfd602be71b2c1099b91877aed3b41f0.png

Storageのボタンで、使用するSDカードを選択します。
通常は、Choose OSのボタンで、Raspberry Pi OSをインストールするのですが、ここで、

+ Other specific purpose OS
+ Homebridge

の順番で選択を進めると、Raspberry Pi OSがインストールされて、同時にHomebridgeもインストールされます。
Homebridgeの動作に必要な最新のNode.jsもインストールされます。

#ref(imager_homebridge.png);


** micro SD cardの選び方 [#t1786a4d]

SDカードでシステムを動かすのは無理があるのか、安価なSDカードを使うと割と頻繁に動かなくなります。
ファイルシステムにエラーが出て、起動しなくなります。
サーバーとして2-3ヶ月くらい使ったところで、起動しなくなるSDカードが2-3枚ありました。
大手メーカーの少し高めのカードを使った方が良いとおもいます。

さらには、「産業用」「業務用」などの名前のついたSDカードもあります。
そういう製品を選ぶと少しは安心です。
容量は8GBもあれば十分です。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07YPJZX67/

https://www.amazon.co.jp/dp/B085GB4SQG/


**SDから起動する [#c7bd05a0]

用意ができたらSDをRaspberry Piに取り付けて起動します。
この時、画面に接続していると以下のようなメッセージが出ています。

#ref(pizeroboot2.png);

** WiFi設定する [#l97c2e3e]

この状態で、Raspbery PiはWiFi基地局として動いているので、スマホやパソコンなどから接続します。

#ref(step1.png);

ここで見えている Homebridge WiFi SetupというSSIDに接続します。パスワードは無しです。するとWiFi設定ダイアログが現れます。

#ref(step2.png);

ここで、使用するWiFiとパスワードを入力します。Raspberry PiのWiFiは高速な5GHzに対応してます。でもアンテナは小さくて性能が良くないので、場合によっては電波が届きやすい2.4GHz WiFiで接続した方が良いかもしれません。


#ref(step3.png);

** Homebridge設定ページを開く [#b7f6ce66]

するとWiFiに接続し直してくれて、そのDHCPからアドレスを取り寄せて設定してくれます。
画面をモニターしていれば取得したアドレスを知ることができます。
が、画面をモニターしていなくてもこの先に進めます。

#ref(step4.png);

ブラウザを開いて、http://homebridge.local に接続します。

#ref(step5.png);

これがHomebridgeの操作インタフェースのページです。アカウント名admin, パスワードadminでログインできます。

#ref(step6.png);

このページからいろいろな設定ができます。
QRコードをiPhoneで読み込めば、ホーム.appにHomebridgeを追加できます。
またHomebridge関係のプログラムを再起動したり、さらにはRaspberry Piを再起動したりシャットダウンすることもできます。
電源を切る前には、シャットダウンしておきましょう。

これ以外の細かい作業は、ここに表示されているアドレスにsshして操作します。
Raspberry Pi OSのデフォルトでは、piというユーザが設定されています。初期パスワードはraspberryです。

 ssh pi@192.168.108.xxx

として接続します。(アドレスは単なる例なので実際に合わせてください)
これで各種設定ができるようになります。
Raspberry Piに固定アドレスを付与するのも良いとおもいます。


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS